top of page
製品・Bluetoothキーボード
Bluetoothキーボード IC-BK30
JAN CODE:
4582501582552

【仕様】

色:シルバーホワイト
サイズ:37.35 x 12.90 x 1.85cm
重量: 356g
連続使用時間:使用環境・状況によって異なります
操作距離:10m
充電時間:2時間
接続可能台数:3台
接続方式:Bluetooth 5.0

※Amazon直営店の在庫切れに伴い生産終了となりました

製品のポイント

【幅広い互換性】
Bluetooth5.0チップ搭載のため、接続の安定性が抜群です。iOS、Android、Mac 及びWindowsのデバイスに対応しています。

【デバイス3台までマルチペアリング】
Bluetooth接続で最大3台のデバイスを同時に登録可能です。指定のキーを押すだけで、接続された3台のデバイスを簡単に切り替えることができます。パソコンで資料を作成しながら、スマホでメールの返信など、キーボード1台で行うことができます。

【日本語配列&テンキー搭載フルサイズ】
日本人がタイピングしやすい日本語配列のキーボードです。テンキーを搭載しており利便性に優れています。数字を頻繁に入力する方に最適です。

【シンプルなデザイン】
軽量で持ち運びにも便利な薄型キーボードです。洗練されたボディとシンプルでスタイリッシュなデザインがデスクを上質な空間に仕上げます。

【パンタグラフ式】
一般的なノートパソコンと同じ打鍵感のパンタグラフ方式を採用しました。スタンダードな19mmのキーピッチと浅めな1.8mmのキーストロークは、滑らかで快適なタイピングを提供します。

【Type-C充電式】
軽量薄型で持ち運びしやすく2時間でフル充電ができ約90時間の連続使用が可能です。また、30分間操作がない場合、自動的にスリープモードに入り、いずれかのキーを押せば再起動します。

※注意※

◇接続時のランプ表示について:
IC-BK30は、2022年初頭のバージョンアップデートにより、下記の仕様変更を行いました。
 新:ペアリングが完了すると、ランプが消灯した状態に変更となりました。
(旧:ペアリングが完了すると、該当するチャンネルランプが点灯し続けます)
※付属説明書の記載変更が追いついておらず、新モデルに旧仕様の説明書が付属している場合がございます。申し訳ございませんが、その場合は当ページの[説明書ダウンロード]ボタン、ならびに実際の商品動作をご確認いただけますと幸いです。

◇バッテリー残量確認について:
当製品のバッテリー残量確認ボタンは、下記が正しい仕様となります。
 正:[F5]/もしくは[Fn]+[F5]を押すと、バッテリー残量に合わせて「Capslockランプ」が0~4回点滅します。
(誤:Fn+F5を押すとBluetooth1~3ボタンが点滅する)
※1回の点滅は残量約25%を示し、最大4回点滅します(約100%)。
※残量確認の際は、キーボードと接続先デバイスの電源をオンにし、接続先デバイスに接続中の状態でキーボードを操作してください。
※付属説明書の記載変更が追いついておらず、誤った仕様の説明書が付属している場合がございます。申し訳ございませんが、その場合は当ページの[説明書ダウンロード]ボタン、ならびに実際の商品動作をご確認いただけますと幸いです。

◆推奨Bluetoothバージョン:Bluetooth3.0以降
※Bluetooth2.1以前のデバイスは、接続や動作が正常に行われない可能性があります。
※外付けBluetoothアダプターは、機種の互換性により接続や動作が正常に行われない可能性があります。

◆下記のデバイス・OS・使用方法は、互換性不良による接続・動作エラーが起こる可能性があるため、非対応・非推奨としております。予めご了承ください。
 ・iPad mini5、Mac mini、Lenovo yoga Tab11、Nokiaスマホ、Amazon Fire TV Stick、Samsung Smart TV(UE37ES5500/UE55KU6400U/UE48JU6400)、推奨バージョンのBluetoothが搭載されていないデバイス、PS5等ゲーム機
 ・AndroidOS12、FireOS、ChromeOS、Linux、他商品ページに対応の記載がされていないOS
 ・リモートデスクトップ、Mac Boot Camp

◆Androidデバイスをご使用のお客様へ:Androidデバイスは機種やOSにより仕様が異なるため、ご使用の接続先Androidデバイスの仕様上、一部非対応の機能が生じる可能性があります。

◆充電ケーブルは付属していますが、同じ端子であれば市販のものも使用可能です。

◆当製品の電源スイッチは、つまみを左右にスライドさせることで電源のオンオフができます。押しボタン式ではありません。

◆Insert機能:[NumLk]を押して、NumLockを解除した後、[テンキーの0]キーを押してください。

◆仕様上[左Ctrl]+[Fn]を同時に押すと、どのOSであっても「仮想キーボード表示」のコマンドが認識されます。そのため、[左Ctrl]+[Fn]+[▲pgup/▼pgdn]などのショートカットキーは機能しない場合があります。

◆16.0以前のiOS/iPadOSでは、仕様により純正(Apple製)以外のサードパーティ製品の外付けキーボード(もしくはその一部)は「英語配列キーボード」と認識されます。
そのため、16.0以前のiOS・iPadOSではJISキーボード(日本語配列)対応の印字はご使用いただけず、英語配列に対応した文字や記号(灰色の丸で印字された文字)が出力されます。

bottom of page