​メールマガジン
工作空間
折りたたみ型キーボードの選び方は?選ぶポイントについて解説!
2622946.png

キーボードには様々な種類がありますが、その中で持ち運びに便利なのが折りたたみ型のキーボードです。

しかし、その中で自分に合うのはどれか、選び方がわからないという人もいます。

どのようなポイントに注目して選べばいいのか、折りたたみ型キーボードの選び方について解説します。

キーとキーの間隔を示すキーピッチや、入力に必要なキーを押し込む深さを示すキーストローク、キーの種類など、実はキーボードには様々な違いがあります。

 

その中で、折りたたみ型のキーボードは、持ち運びに特化したものとなります。

コンパクトに持ち運ぶことができ、使用する際は大きなサイズにできるようにしているのが、折りたたみ型キーボードの特徴です。

タブレットやスマートフォンなどにも接続でき、軽量で小型のものがほとんどです。

グラフィックス1.png

折りたたみ型キーボードの特徴

ff1ii.png
71s85j2nQSL._AC_SL1500_.jpg

折りたたみ型キーボードを選ぶ際は、どのようなポイントに注目して選ぶべきでしょうか?

色々な種類がある中で、最適なタイプの選び方を考えてみましょう。ここからは、折りたたみ型キーボードの種類と、その選び方について解説します。

①サイズで選ぶ
②重量・持ち運びやすさで選ぶ

③接続方法や接続可能台数で選ぶ

④充電時間や連続使用時間で選ぶ

折りたたみ型キーボードの利点は、なんといっても携帯性に優れているという点です。

折りたたむことで、スマホと変わらないサイズになるものも中にはあります。

軽量でポケットに入れて持ち歩くこともできるので、持ち運びにとても便利です。

 

しかし、携帯性を重視している分、フルサイズのキーボードと比べると省略されているキーも多く、その点が使いづらいと感じることもあるかもしれません。

従って、サイズ次第では、不便だと感じる場合もあるでしょう。

 

あくまでも外出先で使用するためのサブ的なキーボードであり、自宅用のメインでは別のキーボードを用意したほうがいいかもしれません。

特に、長時間使用する場合はその違いが顕著に感じられます。

552c9fca-708f-4e89-b99f-00db02556b45.__CR0,0,300,300_PT0_SX300_V1___.jpg

サイズで選ぶ

1.png

まず注目するべきなのは、サイズです。

折りたたみ型キーボードには様々なサイズがあるので、まずはその点に注目して選ぶようにしましょう。

 

折りたたみ方にも、2つ折りのタイプと3つ折りのタイプがあります。

どちらが優れているということもないので、自分が使いやすいのはどちらか、という点で選びましょう。

サイズ的には、どちらも殆ど違いがありません。

2.png

重量・持ち運びやすさで選ぶ

また、折りたたみ型キーボードの選び方のポイントとしては、重さもあります。

持ち歩くことを前提として考えるなら、あまり重すぎないほうがいいでしょう。

しかし、軽すぎると頼りなく感じる人もいます。

 

折りたたみ型キーボードには、重い素材を使用しているタイプもあります。

そういったタイプは、高級感があるデザインを重視していることも多いのです。

デザインだけで選んでしまうと、重すぎて持ち運びにくいこともあるでしょう。

 

重さを確認するために、購入を検討する際はスペック表を確認しましょう。

軽量タイプがいいのであれば、プラスチックタイプがおすすめです。

軽いものは、100g前後というタイプもあります。

 

アルミタイプも、200~300gほどで金属素材の中では比較的軽量です。

プラスチックと比較して、アルミは壊れにくく丈夫なので、重さがあまり気にならないという方であれば検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、通常の折りたたみ型キーボードとは違う、シリコン素材の丸めるタイプのキーワードもあるので、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

普通のキーボードとはキータッチが異なるため、その点も考慮したうえで検討しましょう。

3 (1).png

接続方法や接続可能台数で選ぶ

接続方法も、折りたたみ型キーボードの選び方では重要なポイントです。

基本的な接続方法は、有線と無線のどちらかです。

有線の場合は、USB接続です。

無線であれば、主にBluetooth接続です。

持ち歩いて使用することを考えると、無線のほうがいいでしょう。

そのほうが、場所を選ばず使用できます。

 

Bluetoothにも、バージョンによる違いがあります。

現在はBluetooth5.1が主流となっているので、使用するパソコンなどのBluetoothが古いバージョンの場合、対応しているかどうかを確認してみましょう。

 

折りたたみ型キーボードをいくつの端末で使用するかも、選び方で重要なポイントです。

機種によって、接続できるデバイスの数は異なるのです。

 

例えば、スマートフォンとノートパソコン、タブレットと3台のデバイスでそのキーボードを使用したいのであれば、3台以上接続できるタイプを選ばなくてはいけません。

4台接続できるタイプもあれば、1台しか接続できないものもあります。

4.png

充電時間や連続使用時間で選ぶ

充電時間や連続使用時間なども選び方のポイントです。

これも、機種によってかなり異なります。

40時間というタイプもあれば、60時間以上使用できるものもあります。

 

これ以外にも、オートスリープ機能で電池の消耗を少なくしたり、バッテリーリマインダー機能でバッテリーの寿命を延ばしたりする機能を持ち合わせたものもあります。

どのくらいの頻度で使用し、充電をどのタイミングで行うかを考えて選びましょう。

 

その他、タブレットなども立てかけることができるスタンドが付いたものや、スタンドバー一体型のものなどがあります。

作業のしやすさという点にも、注目しましょう。

折りたたみ型キーボードの選び方に悩んだときは

ff1ii.png

折りたたみ型キーボードは様々な種類があり、どのように選んでいいか悩んでしまう人も少なくありません。

その場合は、ひとまずスタンダードなタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

 

スタンダードなタイプというのは、あまりコンパクトすぎず、ある程度のキーピッチがあり、電源スイッチがあって使用しない時は電池の消耗を防ぐことができるタイプです。

 

また、持ち運び用に保護ケースや、外側がコーティングされているものも多く、

運ぶ際に傷をつける心配もありません。

必要最低限の機能は備わっており、問題なくパフォーマンスを発揮します。

折りたたみ型キーボードの選び方がわからない時は、まずこのタイプを使用してその上で欲しい機能が何かを考えてみましょう。

 

また、折りたたみ型キーボードには、いくつかの配列があります。

しかし、様々な機器で使用できるように配列を切り替えられるタイプも多いので、一見US配列であっても日本語入力に切り替えられるタイプもあります。

どのような配列のものを使用したいかを考えて、対応しているかを購入前に確認しましょう。

73709172-e7d4-4f7a-a9e6-ae599864bd6c.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.jpg

折りたたみ式キーボード IC-BK06

https://www.iclever.co.jp/products-folding-keyboard-bk06

 

例えば弊社iCleverの折りたたみ式キーボード IC-BK06では、IOS、Android 、Windowsが搭載されたすべてのBluetooth機能付きデバイスと接続できます。

折りたたむと120X330X12mmというIphone程のコンパクトサイズ。本体の重量はわずか176gでも、バッテリーが60時間持ちおすすめのキーボードの一つです。

グラフィックス5.png
71qQAjg4yHL._AC_SL1500_.jpg

折りたたみ型キーボードは、外出先などで使用するのに向いているため、選び方も外で使用することを基準に考えることになるでしょう。

多くの製品があり、様々な点で異なるため、その中から自分に合ったものを探すのは大変です。選ぶ際のポイントをしっかりと覚えておき、自分が重視する点が何かをはっきりとさせましょう。

弊社iCleverの折り畳みキーボードは、折り畳みキーボードに求められる利便性を網羅しております。

折り畳みキーボード購入を初めて検討している方、

折り畳みキーボードを買い換えようと検討している方にもおすすめです。

気になった方はぜひ、商品の詳細をチェックしてみて下さい。