​製品コラム
Image by Heyzeus Escribo

メンブレン式キーボードを徹底解説!
メンブレン式の特徴や他の方式との違いをご紹介

パソコンのキーボードには様々な方式のものが存在します。メンブレン式、パンタグラフ式、メカニカル式などと呼ばれる方式がメジャーですが、大多数の人が触れるであろう方式がメンブレン式と呼ばれるものです。

今回の記事では、世の中で主流となっているメンブレン式のキーボードについて焦点を当ててご紹介していきます。

メンブレンキーボードとは

メンブレンキーボードとは、1枚のシートスイッチで構成されており、キーを押すスイッチとしてシリコンキャップ(ドーム状のゴム)を採用した機構のキーボードのことです。

構造をご紹介してもあまりイメージが湧きづらいかもしれませんが、キーボードと聞いて大多数の人が頭に浮かべる形状のキーボードがメンブレン式のキーボードかと思います。

現在世の中に出回っている安価なキーボードのほとんどがメンブレン式かパンタグラフ式の製品なので、身近な存在のキーボードと言えるでしょう。

 

メンブレン式の特徴として、安価に製造ができ、汚れに強いという特徴があります。

他の方式のキーボードと比較してとにかく安価なため、主にビジネス用途や家庭でインターネットを閲覧するなどの用途で購入されることがほとんどです。

メンブレン式はキーをしっかり押し込まないと文字を入力できないのも特徴で、使用していると正確なタイピングを身につけられます。

キーボードを使った作業に入門するにはピッタリな方式なのです。

メンブレンキーボードの構造

メンブレン式のキーボードの構造について、より詳しく解説していきます。

メンブレン式のキーボードは1枚のシートスイッチで構成されているとご紹介しましたが、このシートスイッチは実は数層のフィルムを重ね合わせて成り立っています。

重なっているフィルムの層に上からキーを押したときの力を加えることで、フィルム同士が接触して回路に電流が走り、文字が入力できる仕組みとなっています。

そのため、しっかりキーを押し込んで文字を入力していく事が重要となっているのです。

 

キーを押す際の機構としては、シリコンキャップが採用されています。キーを押す動作をしたときのぐにゃっとした感触はこのシリコンによるものです。シリコンの弾力を生かしてキーを押し戻しているので、シリコンキャップが劣化してしまったときは、キーボードの動きが悪くなってしまうので買い替えを検討するようにしましょう。

他のキーボードとの違い

メンブレン式のキーボードは他の方式のキーボードと比較してどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの方式と比較しながら解説していきます。

  • パンタグラフ式キーボードとの違い

まず、パンタグラフ式のキーボードと比較して見ていきましょう。

パンタグラフ式のキーボードとメンブレン式のキーボードの違いとしては、キーを押す際の機構の違いが挙げられます。

メンブレン式のキーボードはシリコンキャップでキーを支えていましたが、パンタグラフ式ではシリコンキャップに加えてプラスチックなどで作られているパンタグラフ形をした独自の支持機構が存在します。

 

このような独自の支持機構を搭載したのは、キーの中央部分を押さなくても文字入力を可能にするためです。

メンブレン式はキーの中央部分を押さなければ文字入力が反映されませんでしたが、パンタグラフ式は独自の支持機構によってキーの端を押した時でもキー全体が沈み込むことによって文字を入力することができるのです。

 

また、パンタグラフ式はメンブレン式と比較してキーの高さが低く、キーボード自体がほぼ平面であるという違いもあります。

この特徴により、ノートパソコンに搭載されているキーボードはほとんどがパンタグラフ式となっています。

Bluetoothキーボード IC-BK02

BK02

JIS規格準拠日本語配列を採用したワイヤレスキーボードで、かな入力も使用可能。大型のエンターキーや、独立して配置されたDelete、backspaceなどのキーにより、誤入力しにくく作業効率を向上させるのに最適なタイピング感を実現しました。

色:ホワイト

サイズ:28.55 x 12.55 x 2cm
重量:210 g

連続使用時間:使用環境・状況によって異なります

接続距離:10m

充電時間:単4形乾電池×2本(別売)

接続可能台数:3台

​接続方式:Bluetooth 5.1

上記はicleverで取り扱っているパンタグラフ式のキーボードです。

パンタグラフ式はキーの高さが低いのでコンパクトに持ち歩くことが可能です。こちらの製品はテンキーを省くことでより持ち歩きやすさを重視したモデルとなっています。

  • メカニカル式キーボードとの違い

メカニカル式のキーボードとの違いは、メンブレン式が1枚のシートでキー全体をカバーしているのに対し、メカニカル式はキーがそれぞれ独立している点です。

また、キーを4個以上同時押しした場合、メカニカル式のキーボードであれば正確に入力された文字を検知できますが、メンブレン式では複数のキーを認識できなかったり、誤った入力内容で反応してしまうことがあります。

ビジネスや家庭でのインターネット用途ではたくさんのキーを同時押しなどすることはほとんどありませんが、それらの入力を正確に感知するのはゲーム用途で使用されることが多いメカニカル式ならではと言えますね。

G02

ゲーミングキーボード G02

赤軸は3つの軸の中で、1番キーが軽いタイプです。 ソフトタッチで入力できるためクリック感はさほどなく、タイピング中のカタカタ音も控えめ。通話中や実況中のタイピング音も気になりません

サイズ:45.1 x 14 x 3.5 cm
重量:890 g

コード長:1.5m

​接続方式:有線

上記の製品はiCleverで販売しているメカニカル式のキーボードです。

赤軸で構成されているので軽いキータッチで文字を入力できるのが特徴となっています。

テンキーを搭載しているので、数字の入力が多い方に便利な製品です。

メンブレンキーボードのメリット

メンブレン式のキーボードの一番のメリットは価格です。他のどの方式よりも安く手に入れることが可能です。

また、単純な構造のためメンテナンスが容易であることもメリットとなります。

1枚のシートで構成されているメンブレン式は埃や水滴がキーボード内部まで侵入する可能性が低いので、多少の汚れでは故障につながることはありません。

メンブレンキーボードのデメリット

メンブレン式のキーボードのデメリットは、シートスイッチが1枚で構成されているため1部の破損であっても全体を買い換えなければいけない点です。

例えば1部のキーが認識しなくなってしまった場合、メカニカル式であれば故障したキーのみの交換などが可能ですが、メンブレン式はそういった1部のみの交換ができないため、本体丸々の交換が必要となるのです。

廃盤などで同型のキーボードが入手できないこともあるので、長くキーボードを使いたいという方にはメンブレン式は不向きと言えるでしょう。

メンブレン式のキーボードはこんな人におすすめ

メンブレン式のキーボードの特徴は安さと丈夫さです。そのため、

とにかく安く使えるキーボードが欲しい人

ある程度汚れても動作してくれるキーボードが欲しい人

におすすめです。

 

気をつけなければならないのは、もしメンブレン式のキーボードが故障してしまった場合にはキーボード自体の交換が必要になるため、買い替えを検討しなければならない点です。

気に入ったデザインや、思い入れのあるキーボードであっても修理して使い続けるのが難しいのがメンブレン式です。メンブレン式は消耗品として割り切って使用をするのがよいでしょう。

今回はメンブレン式のキーボードについて、他の方式とも比較しながら紹介しました。

メンブレン式は様々な方式が存在する中でも最も基本的な方式ですので、こだわりが特にないという方にはメンブレン式のキーボードを使用してみるのがおすすめです。

安価で丈夫なメンブレン式はあなたのパソコンライフの長い相棒となってくれることでしょう。

【iCleverのキーボード商品一覧】